MENU
ケイ
都内在住 / 26歳 / 結婚1年目
5年付き合った妻と、都内で二人暮らし。
「今よりちょっとハッピーな人生を目指して」をコンセプトに運営中。
夫婦・カップル向けに、同棲・結婚生活に役立つモノ・コトを発信しています!

【経験談】同棲・結婚生活中の家事分担でケンカしないための方法は?

家事分担のサムネ
悩む人

二人暮らしを始めたけど、家事分担でケンカばかり…
ケンカしない方法はないかな?

こんな疑問に答えます。

本記事では、20代夫婦が実践する同棲・結婚生活中の家事分担でケンカしない方法を紹介します。

パートナーと暮らし始めると、家事分担でイライラして、ケンカになった経験はありませんか?

特に共働きの場合だと、仕事と家事を両立しないといけないので、家事分担は大変ですよね…

約1年半前に二人暮らしを始めた私たちは、少しずつ家事分担のルールを決めていき、今では家事分担のケンカは0

そんな私たちが、家事分担のコツや心がけたい行動を紹介していきます!

ケイ

家事分担ルールの1つの例として参考にしてください!

この記事を書いた人
プロフィール画像

ブログ運営者:ケイ

  • 都内在住、27歳会社員
  • 2022年、結婚を機にブログスタート
  • 同棲・結婚生活に役立つ情報を発信中
  • 今よりちょっとハッピーな人生を送ろう!

目次

同棲・結婚生活中の家事分担でケンカしないための3つのコツ

同棲・結婚生活中に家事分担でケンカしないためコツは、以下の3つです。

コツの解説をする前に、私たち夫婦のプロフィールをご紹介させてください。

私たちのプロフィール
  • 2021年に同棲を開始。現在は結婚し、約1年半二人暮らし中
  • 夫:週2-3でテレワーク。1人暮らしの経験あり
  • 妻:テレワークなし。 同棲するまで実家暮らし

それでは1つずつ詳しく解説していきます。

家事管理アプリを使いこなそう

まずは、家事管理アプリの活用をおすすめします。

家事管理アプリを使うメリットは、以下の3つ

  1. 記録を簡単に残せる
  2. 無料で使える
  3. 家事のできた・できていないを可視化できる

私たちが使用しているアプリは、魔法の家事ノートというアプリ。

魔法の家事ノートを使用している理由は、下記の2点です。

  1. 日・週・月・年ごとに分けて、家事の予定を立てられる
  2. 達成率を把握しやすく、できた・できなかったを数字で振り返りられる

魔法の家事ノートを活用しながら、定期的に家事分担の量を調整しています!

ケイ

アプリだとお互い管理しやすい!

魔法の家事ノート
魔法の家事ノート
無料
posted withアプリーチ

⬆目次へ戻る

時短家電を購入しよう

金銭的な余裕があれば、時短家電の購入がおすすめ。

時短家電を購入することで、家事の負担を確実に減らせるからです。

私たちは、ロボット掃除機とドラム式洗濯機を愛用しています。

悩む人

時短家電を買うだけで、本当に家事が楽になるの?

ロボット掃除機とドラム式洗濯機を購入すると、以下の家事から解放されます。

  • ロボット掃除機:掃除機を掛ける
  • ドラム式洗濯機:「洗濯物をハンガーにかける→外に干す→部屋に取り込む」の一連作業

詳細は、こちらの記事で紹介しているので、ぜひチェックしてみて下さい。
≫【同棲・結婚】20代夫婦が選ぶ二人暮らしであると便利な家電5選!

ケイ

時短家電を導入して、家事の負担を減らそう!

100点を目指さない

自分が担当する家事で、100点を目指さないようにしています。

100点を目指すと、家事分担が長続きしないからです。

私たちは、日頃から100点を目指さない代わりに、半年に一回、2人でしっかり掃除をする日を設けています。

ケイ

「仕事や子育ても頑張って、家事も全力!」は難しい…

⬆目次へ戻る

家事分担するうえで、心がけたい行動3選

家事分担する上で心がけている行動は、以下の3つです。

それぞれ詳しく解説していきます。

なるべく口出ししない

パートナーがやってくれた家事に対して、口出しをしていませんか?

口出しされるとイラッとして、「じゃあ、代わりにやってよ!」と口論になることも。

ケイ

同棲初期、私たちも口出しからケンカしたことも…

お互い価値観が違うので、つい気になる部分があると、口に出して注意したくなりますよね…

そこで、私たちはこんなルールを決めています。

わが家のルール

口出しOK。だけど、頻度を減らそう

毎回口出しをする代わりに、月末に「こうしてほしい」とお互いの意見を共有しています。

口出しされる時に比べて、相手の不満もきちんと受け止められるので、口論の数が自然と減りました。

ケイ

お互いの意見をきちんと共有しよう

感謝の気持ちを伝える

「〇〇してくれてありがとう」と、きちんとパートナーに伝えられていますか?

家事分担のルールを作ると、時間が経つにつれ、家事をやってくれることが当たり前だと思いがちです。

ルールを作って、淡々とお互いの家事をこなすだけだと、作業感が出てしまい、家事を苦痛に感じてしまいます。

感謝の気持ちを伝えると、お互い嬉しい気持ちになり、ポジティブに家事に取り組めるようになりますよ。

ケイ

感謝の気持ちを言われて嬉しくない人なんていないですもんね

⬆目次へ戻る

〇〇なら△△する

わが家は、アプリで管理しなくてもいい小さな家事は、細かいルールを決めていません。

細かくルールを決めすぎると、心が疲れるからです。

その代わりに、「〇〇なら△△する」ということを心がけています。

  • 食事を作ってくれたら、洗い物をする
  • 休みの日だから、買い出しに行く

そうすると、自然と「今日は僕(私)がやるよ」となり、お互い気持ちよく家事分担できますよ。

⬆目次へ戻る

まとめ:家事分担でケンカする日々とおさらばしよう

本記事では、20代夫婦が実践する同棲・結婚生活中の家事分担でケンカしない方法を紹介しました。

まとめ

◆家事分担でケンカしないための3つのコツ

  1. 家事管理アプリを使いこなそう
  2. 時短家電を購入しよう
  3. 100点を目指さない

◆ 家事分担するうえで、心がけたい行動3選

  1. なるべく口出しをしない
  2. 感謝の気持を伝える
  3. 〇〇なら△△する

コツも大事ですが、相手の気持ちに配慮した言動も同じくらい重要です。

今回ご紹介した内容を1つの参考にして、パートナーの方とぜひ話し合ってみてくださいね。

少しでもみなさんのお役に立てれば嬉しいです!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアお願いいたします!
目次